2011年04月30日

1週間ぶっとおしデモ★アゲインスト原発(5・16〜5・22)

1weektatekan..gif

(転載ご自由に)
もっと行動を!ネットだけじゃなく街の中に脱原発・反原発の声とウネリを景気よく!!というわけで、最近の日本では週末ともなれば、各地でデモが起きてますね。素晴らしい! 京都ではなんと、5月中旬に1週間連続デモをやります。

■5月16日(月)〜5月21日(土)
1週間ぶっとおしデモ★アゲインスト原発
18:00 三条大橋西側集合  18:30 デモ出発(三条河川敷出発、河原町を南下、四条をすぎ、仏光寺通りをUターンして三条河原にもどる)
5人でも10人でも歩きます。プラカードや鳴り物、自分の得意な表現で、あるいは仕事帰りにフラっと立ち寄る感じで自由にどうぞ! 雨天決行。

※できるかぎり子守・ノートテイク用意します。今回は主催者人数の関係で調整が必要なので、お手数ですが事前にご連絡くださるようよろしくお願いします。

主催:関電の原発を止める会(仮)・大風呂敷 090-9860-9860 genpatsu.tomeru@gmail.com
http://genpatsumoumuri.seesaa.net/
http://ooburoshiki.tumblr.com/
https://twitter.com/#!/oooburoshiki

そして、1週間デモの最終日は盛大に

■5月22日(日) 
原発をとめろ!核の真相を明かせ!こどもを救え!・京都デモ
 14:00 三条河川敷 集合 15:00 デモ出発〜(雨天決行)
【コース】 三条大橋下(西側)→ 河原町通→ 河原町通四条を南へ一筋目で折り返し → 市役所前 解散(※プラカードなどを持参してください)
【主催】 原始力の会 と ピースウォーク京都
【連絡先】 橋本 080-5356−2140 (仕事中は電話に出られません)
http://gensiryokunokai.blog94.fc2.com/
http://pwkyoto.com/

デモコースなど詳細は、わかり次第アップします。みなさん、街で会いましょう! (ヒデヨヴィッチ上杉)
 
(主催者のひとりから)
★現実があまりに馬鹿げてるので、私たちはつい愚かなデモをすることになってしまった。その名も『一週間ぶっとおしデモ★アゲインスト原発』。ふざけた名前だけれども、わたしたちは至って大真面目。現実が過酷すぎて、ひとりで考え込んでいたら気が滅入る。とりあえず集まって、歩きながらみんなで考えようよ。
 
★原発のことはとても気になるけれど、正直なところ、めまぐるしく飛び交う情報に完全に置いてけぼりをくっている。ただそんな私にも分かるのは、今回の福島原発の事故によってものすごくたくさんの生活や人生が、生命が破壊され続けているということ。もし同じことが関西で起きれば、ここ京都だってヤバイということ。どうひいき目に見てもこれほど危険な原発というやつは、いったんすべてを止めてその是非が問われるべきではなかろうか。急に止めるのが無理だとしても、その方向を政府が模索しようとすらしないのはなぜなのか。人が暮らすための電力だったはずなのに、金のためにつくり続けられる電力が人の暮らしを破壊していく。これはいったいどういうわけだ。
 
★そもそもほんとうは、この事故が起こる前から破壊され続けていた。
ウランを採掘する人・輸送する人・原発で働く人、ほかにもいろいろな過程で、日常的に被曝する人がいなければ成り立たないのが原子力発電なのだった。だから事故が起きても起きなくても原発はやめるべきだと思う、といったら、炭鉱労働でも火力発電でもなんでも健康被害があるし亡くなる人がいる、どんなエネルギーにもそういう側面があるのに原発にだけ反対するのはどうなんだろう」と言う人がいた。そうか・・・私には、知らないことが多すぎる。その問題が原発より軽いとは思えない。でも、そのことが原発を続けていい理由になるとも思えないよ。そうして、こんなこと言ってた人がいたな、となんとなく思い出した。「全ての行為が罪の積み重ねであり、差別を伴うものであるとしても、なおかつ人は(私は)行き続け行動し続けなければならない。それは行けば行く程、行動・失望、行動・失望への道であり、絶望する己に絶望したとき、そこに悲しみがある。その『悲の場』に待って私は多くの人に逢いたいと思う。そこはこの上なくすばらしい世界であろう」(横塚晃一著『母よ!殺すな』より)。原発の問題と向き合うのも、こういうことなのかもしれないなぁ…
 
★なんてことを思いながら、気づけばなぜこんなアホみたいな名のデモを計画してしまったのか。いやでもその実、私たちは大真面目なのだ。もっとたくさんの人と話し合いたい、考えたい、おかしなことには声をあげたい。迷ってる人も怒ってる人も、みんなで集まろう。まいにち夕方、デモしよう。(G)
posted by moumuri at 15:46| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一週間ぶっとおし。すごい!すばらしいですね。

> デモコースなど詳細は、わかり次第アップします。

5・22デモ主催は、「原始力の会とピースウォーク京都」です。
デモコースは、ピースウォーク京都サイトで告知しています。
http://pwkyoto.com/

どうぞご確認ください。今後ともよろしくお願いします。
Posted by PM★ at 2011年05月03日 06:26
「原発怖い止めろ」と短絡的な行動に思える。原発のもたらす恩恵と悪影響も考慮すべき。
デモ自体は私も賛成する。しかし、参加を募る方法が間違っている。
ただイメージのみを頼りに、人々の不安を煽って「デモに参加してください☆」では単なる扇動。

実際に原発を止めた場合のメリット・デメリットを明示して、
それを人々が自らの意思で判断するよう促し、その上で参加の是非を問うべき。

「原発は怖いから、報道されてるから、大規模だから、皆が参加するから。」
ブームに流されやすいのは日本人の特徴。
そんな思考で参加されても解決にはならないでしょう?

行動力ある主催者様が参加者数の増加のみを目標とし、日本復興ではなくデモ行為自体を目的とされていない事を祈るばかりです。
日本が大変な時期だからこそ、問題に真摯に向き合うべきです。
Posted by 公僕A at 2011年05月11日 09:20
・・・
>実際に原発を止めた場合のメリット・デメリットを明示して、
それを人々が自らの意思で判断するよう促し、その上で参加の是非を問うべき。


・・・そうでしょうか?
この事態において今なお真摯な姿勢を見せてもらえないからこそ、みんながそれぞれの形で動き出そうとしている、と私には思えます。
今はもう動きながら自己を見つめ考える時、そう思うのですが・・・

もうそろそろ政府が国民の目線に立って、日本の将来にとっての原発の是非を問いかけるべき時期がなのではないかと思うのですが。



Posted by さち at 2011年05月11日 14:17
東京に住む者です。
原発やめろデモ に参加するたび、この声はどれほど東電や政府に届いているのかと虚しい気持ちになります。マスコミはまともに取り上げないどころか、歪曲したニュースを流します。でも、それでも、大勢の人を巻き込んで、無視できないほどの大きな流れとなるまで声をあげ続けなければならないと思います。
今日は神奈川県の新茶からセシウムが検出されました。一旦事故が起れば世界中に毒を撒き散らす装置は即刻止めるべきです。
Posted by なつ at 2011年05月11日 23:24
>即刻止めるべき

では電力はどうやって賄うのでしょうか?
今日の電力供給における原子力発電の割合はご存知ですか?
日本復興の為には経済活動を促す必要があり、それには十分な電力が不可欠です。
安全な発電方法に切り替えるにしても、移行には時間も費用もかかります。

デモ自体には反対ではありません。
自分の意思を発信するのはとても大切なことです。
ですが物事の一面しか見ずただ「止めろ」とだけ叫ぶ方もいる事に、危機感を抱いています。

もちろん未来を見据えている方も沢山いるでしょう。
今回のデモで確かな考えを持つ方が増えることを祈ります。

以上です、失礼しました。
Posted by 公僕 at 2011年05月12日 00:32
>物事の一面しか見ずただ「止めろ」とだけ叫ぶ方もいる事に、危機感…
そうでしょうか?今の横並び教育をされてきた私達が自分達で考え行動することによって問題定義し、今まで「皆やTVなど安全って言ってるから…」「誰かがなんとかしてくれるだろう」と考えてきた多数派の一人でも多くの方にこれからの未来を真剣に考えるきっかけをあたえられればよいと思います。
たしかに原子力発電の割合は高いですが、原発の発電量にあわせてその他の発電を抑えています。
物事の一面しか見ずただ「止めるな」とだけ叫ぶ方がいる事に危機感を抱いています。
デモ頑張って下さい。応援します。
Posted by 通りすがれない者 at 2011年05月12日 01:50
浜岡で敦賀で、その他原発のある日本中のあらゆる場所で、明日、東北と同じ規模の地震が起きて原発が爆発したら?
そんなことありえない、と思っていませんか?私は3月11日までそう思っていました。
でも最悪の事態は起こってしまい、2ヵ月過ぎた今も全く事態は良くなっていません。
見通しの甘さと初期の対策の遅さのせいで「実はすでに高レベルの放射能が降り注いでました」とあとから知らされ「世界の基準は1ミリシーベルトだけど日本は子供でも20ミリシーベルトまで『安全』ってことにしますので」と言われ、雨に当たることに怯え公園の芝生に寝転がることにためらいをおぼえ、それでも仕事を(生活の基盤を)捨てて逃げることもできず、5年後・10年後、子供たちに襲いかかる不幸を思い暗澹たる気持ちで毎日を送らねばなりません。
幸い、西日本はまだそんな事態に至っていません。
だから早く、事故が起こらないうちに、まず止めることが必要なのだと思います。
日本は電力の30%を原発で賄っています。
これをたった30%と捉えるか、30%も、と捉えるかはそれぞれの考え方しだいですが、私は東電と政府に「たった30%」ぐらい別の物で何とかすることをもっと真剣に考えろ!と言いたいのです。
お金を払って民間企業の商品(電気)を買っているわけですから、危ない物は要りません、安全でクリーンな商品を売ってくださいと、販売元に要求することは当然の権利で、代替案は商品を売る側が先頭に立って考えるのが当たり前ではないでしょうか。
Posted by なつ at 2011年05月12日 16:23
日本の電力の30%を原発に依存しているという話について、正確には原発の発電能力が30%で他の発電能力が70%しかないというわけではないようです。つまり原発ありきで火力や水力は発電量を抑えて調整しているようです。京都大学の小出先生は原発を止めても大丈夫だとおっしゃっています。
まずはどういう割合で発電しているという数字ではなく、発電能力を見た方がいいと思います。
電力会社は原発がないと無理だと言うと思いますが。
現在も日本の6割以上の原発が事故や点検のために止まっています。元東芝技術者の後藤氏も原発は事故が多く安定的な発電方法ではないと言われています。
また止めても安全と言えるまで何年もかかるわけで耐久年数をはるかに超えた原発は相当危ないものだと認識する必要があると思います(福島もそうでしたが耐用年数を超えた原発はたくさんあります)。地震はいつどこにくるかわかりません。
危なくコストのかかる原発に固執する理由はどこにもありません。核廃棄物の最終処分場の問題も解決されていません。
そもそも原発導入時も国民は本当の事を知らされていなかった。知っていれば原爆投下の記憶も新しく受け入れるはずがなかったと。国民が望んで原発がたくさんできたわけではないのです。
本当の事がわかった今、脱原発を目指すことは自然のことだと思います。
Posted by mizusoramidori at 2011年05月12日 21:37
毎日デモ!すごいですね。滋賀も、デモに参加しました。敦賀や、若狭にたくさんある原発も止めなければなりませんよね。
滋賀で、7月3日にアースデイします。
ミツバチの羽音と地球の回転上映、鎌仲監督講演会、田中優さん講演会、鎌仲監督と、優さんのトークセッションと、目白押し!
どうぞ、原発必要ちゃうん?電力どうやってまかなうの?と感じておられる方もご参加ください。

みんなで明るい未来にフォーカスして、原発を手放そう。

お知らせさせてくださり、ありがとうございます。
Posted by にこにこmoon at 2011年05月13日 08:07
公僕さん、

ここのサイトのリンク集に「天災は止められへん。けど、原発は止められる」という冊子(PDF版)がありますよ。そこに参考になることがいろいろ書かれています。 原発の発電量30%(公称、実際はも少し低い値)はなくてもやっていけるグラフがあります。 これは各電力会社の発表した値(2005年度)からはじき出されたものです。ご覧になってはいかが?
Posted by ニーノ at 2011年05月15日 18:03
1週間とはすごい!!さすが京都。
仙台でもやったらいいかも
仙台は世界同時の6.11で計画しています。

ここにデモ用のプラカードに使えるのがありますので
使ってください。間に合わないかな。。
マスク用もあります。
http://blog.livedoor.jp/kindannogenpatsu/archives/4765355.html
Posted by てつやん at 2011年05月16日 15:25
公僕さん、

「停電怖いから原発止めるな」と不安を煽っているのは原発推進派の方だと思いませんか?推進派こそが、原発のメリット・デメリットを明示せずに、私たちの判断を誤らせてきたのではありませんか?

そりゃあスローガンを叫ぶだけで原発が停まるなんて誰も思っちゃいません。だから主催者もいろんな情報を提供しているし、「歩きながら考えよう」と呼びかけています。

それに、デモにしかできないこともあると思うのです。みんな不安で、悲しくて、怒っているのだから、その気持ちを素直にぶつけて、ことばを交わして、それも一人ひとりが考える材料になるのです。福島の人たちのことを思い、自分に迫っている危機を知った以上、感情を抜きに判断することが間違いだと思っています。
Posted by トトモ at 2011年05月18日 10:46
発電方法は火力・水力・地熱・風力・太陽光そして原子力。
問題点として火力は温暖化、水力はダム建設、地熱は低効率、風力は低周波騒音、太陽光は天候依存、原子力は使用済み燃料。
いずれの手段も一長一短あるので、大事なのはそれぞれで補い合う事。
政府に求めるのは、人や環境への影響がより少ないバランスでの発電政策。各研究機関への支援。
国民として原発は減らすべきだと感じるが、実際問題どうなのかといったところ。
Posted by at 2011年05月19日 21:58
下に補足。
「国民としては」の表現は曖昧で無責任過ぎた。
正しくは「感情論・世論としては」。
Posted by at 2011年05月20日 14:50
土曜日に子供といっしょに東京から参加しました。とても楽しかったです。
Posted by sibuya at 2011年05月26日 12:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。