2011年11月10日

玄海原発4号機再稼働

以下、「佐賀新聞 ひびのニュース」から転載。

-------------------------------------

・2011年11月04日更新
『九電や佐賀県に抗議殺到 玄海4号機再稼働で』

 九州電力玄海原発(佐賀県東松浦郡玄海町)4号機の再稼働に対し、九電や再開を容認した佐賀県、玄海町に抗議の電話やメールが殺到している。4日には市民団体が抗議書を提出、原水爆禁止日本国民会議(原水禁)が声明を出すなど、住民への十分な説明がない中での運転再開に批判の声が強まっている。

 

 運転を再開した1日以降、4日午後5時までに九電本社や佐賀支社に寄せられた電話やメールは約1130件。「福島の事故をどう考えているのか」「何をもって地元了解としたのか」など再開への批判や疑問が大半だった。同支社広報グループは「やらせ問題の時は県内が中心だったが、今回は県外の意見が半数以上を占めている」という。

 

 運転再開を容認した佐賀県や玄海町にも殺到。県への意見メールは通常、1日数件だが、この4日間で約300件が寄せられ、電話やファクスを含めると500件を超えた。電力不足への不安から運転再開を容認する意見もあったが、ほとんどは「運転再開に絶対反対」「再稼働容認を撤回しろ」という反対意見で、古川康知事の辞任を求める意見もあった。

 

 玄海町には1日から3日までに224件の抗議電話があったほか、メールやはがきで数十件の抗議文が届いた。4日も電話だけで50件近い抗議があった。「立地町として、なぜ九電に意見を言わないのか」「なぜ反対したいのか」という内容で、窓口の財政企画課は「職員10人で電話応対に追われ、業務に支障が出ている」と話す。

 
 4日には脱原発を求める市民団体「お休み! 玄海原発2号機3号機の会」(杉野ちせ子世話人)が抗議書を提出、4号機の即時停止を要求した。原水禁も「経済効率のみを理由とする再稼働に強い憤りを感じる」とした声明を発表するなど、各団体の抗議、要請活動も相次いでいる。



・2011年11月05日更新
『玄海4号機、通常運転復帰 供給余力11%に回復』 
 
 補修作業の手順書の作成ミスにより、10月4日に自動停止した九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)4号機が4日午後、出力100%に達し、通常運転に復帰した。

 

 九電によると、4号機の復帰により、11月の電力供給力は1420万キロワットとなり、供給余力を示す予備率は約2%から約11%に回復した。

 

 4号機は、1日深夜に制御棒を抜いて再稼働し、2日未明に臨界に達した。同日午後にはタービンと発電機をつないで発電を再開し、4日午後4時20分に定格熱出力100%になった。


posted by moumuri at 15:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

11・7 関電の原発を止めるう象む象の馬の骨交渉

関電の原発を止める会・大風呂敷(仮)
「11月7日 関電の原発を止めるう象む象の馬の骨交渉」

●これまでの経緯
 9月27日に関電に福井の原発を全部廃炉にすることを求めて申し入れをしました。その場で関電の人と話し合い、ほとんど中身ある回答が返ってこなかったので12個の質問を出し、2週間後に文書で回答という約束を取りつけました。
 しかし、期限ギリギリに文書では回答できないという約束破りの連絡が来て、結局関電京都支社に直接話し合いをしに行くことにしました。

●とび入り参加大歓迎。遅れて来る人は直接関電京都支社に!
 9月27日に関電に出した申し入れ書と質問への返事をもらいにいくけど、ちゃんとした返答が聞ける感触がぜんぜんない!
 声をあげて原発止めてって言っても、言うことが聞けなきゃ返事もしないぞって形式的にくるばかり。シクシク
 それでも関電に言いたいことがある人はたくさんいるだろうし、せっかく交渉時間をとったので原発とめたいって思ってる人たちと共有したいです。
 関電の官僚答弁を聞くだけで終わるかも、でもみんなで文句を言いに行ったら何かかわるかも。

関電の原発を止める会・大風呂敷(仮)

日時:11月7日(月)
集合:京都タワー前に14時

連絡先
oooburoshiki@gmail.com

●関電に出した申し入れ書と質問、その時の様子、関電からのメールなどについてはブログを見てください。
http://genpatsumoumuri.seesaa.net/

●当日は子守係を用意しています。子どもがいるから交渉に集中して参加するのはできへんなぁ、という方でも交渉の間は子守や、子どもと遊ぶのを交代します。
posted by moumuri at 09:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

書面回答すると言っていた関西電力からメールがきました。

二週間の期限(10月8日)で書面回答する、とした関西電力から、一週間ほど前、期限直前ギリギリになって、私たちにメールが送られてきました。

(以下)
関電の原発を止める会 様へ

 関西電力株式会社 京都支店で広報の担当をしております永井と申します。

 去る9月27日(火)に頂戴しました、弊社に対するご質問の回答につきまして、メールでは弊社の考えや思いがお客さまに十分お伝え出来ないため、直接お会いしてご説明させて頂きたいと思います。
つきましては、お客さまが弊社にお越しになれる日程を幾日かご連絡下さい。
 日にちをお約束した上で、広報担当より、代表の方2,3名に対してご説明させていただきたいと思いますので、お手数ですが下記の連絡先にお電話をお願い致します。

(連絡先)
関西電力京都支店 広報担当 永井
075−361−7171

(ここまで)


それに対し、私たちが出した返事です。

(以下)
関西電力京都支店 広報担当 永井様

9月27日、私たちがあなたがた関西電力と約束した内容は、メール(書面)で関西電力としての回答をする、というものだったはずだ。

回答を用意するのに時間がかかるから、という説明の下、二週間の期限を設け、書面で回答すると言い、約束したのはあなたがた関西電力だ。私たちを二週間いっぱい待たせた後、期限ギリギリになって「直接お会いしてご説明させて頂きたい」というのは、いったいなんなのか。たったそれだけのことを伝えるのに、二週間もかかるわけがないではないか。「弊社の考えや思いがお客さまに十分お伝え出来ない」というが、関西電力は私たちの出した質問項目に回答する気が本当にあるのか。あまり市民を馬鹿にしないでいただきたい。

また、私たちの申し入れ内容が、原子力発電所の即時の停止と廃炉に向けた措置をとること、あるいは現在関西電力が原発のストレステストなどの手続きを早め、再稼働を急いでいる状況下で、再稼働をやめることを求めるものである、という事実を一体、理解しておられるのか。事態は一刻をも争う。こちらとしても、悠長なことをしている暇はない。

私たちは、このような返事はあまりに不誠実な対応だと感じ、失望している。
私たちは、再度、あなたがた関西電力が私たちに約束した通り、書面にて質問項目に回答することを、強く、求める。


関電の原発を止める会


(ここまで)
posted by moumuri at 01:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。